腰痛の症状によって温ためた方が良い場合と冷やす場合がある!

腰痛が起きた場合に、温める方法と冷やす方法の真逆の対策が紹介されています。こうなってしまうと、結局どちらにした方がいいのかよくわからないという話を耳にします。温めるか冷やすかは、腰痛の症状によって変わります。

 

急性期といって、重たいものを持った時にぎっくり腰のような状況になった場合には冷やすのが重要です。ぎっくり腰になってしまうのは、負担が過剰にかかって筋肉が限界を超えてしまうからです。その結果、筋肉の中で炎症反応が起こってしまって、発熱や痛みを表すわけです。
急性期の症状を緩和するためには、熱をいかに取り除くかに重点を置く必要があります。そのためには、とにかく患部を冷やすことが大事です。温めてしまうと、炎症反応を加速させてしまってかえって痛みがひどくなってしまいます。

 

一方慢性的な症状の腰痛の場合、逆に患部を温めた方が効果的といわれています。慢性腰痛の場合筋肉に炎症は見られず、筋肉が疲労して機能不全を起こしている状態と考えられます。そこで温めて血行を促進することが大事なのです。
血流がよくなれば筋肉に溜まっている疲労物質などもよりスムーズに取り除けます。逆にこの段階で冷やしてしまうと、血流がより悪くなってしまいます。このため、なかなか症状が改善しないというわけです。

 

ちなみに急性期の腰痛の場合でもいずれは症状が治まってきて、慢性的な段階に移行します。一般的に急性期は腰を痛めてしまってから3日前後で落ち着くといわれています。3日くらい経過したところで患部を冷やす段階から温める段階に移行してください。このようにうまく冷やしと温めを使い分けることが大事です。

グルコサミンサプリをランキングで確認

グルコサミンサプリランキング

大正グルコサミン
初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\2,117(税込) \2,722(税込) 無料

5つ星


大正グルコサミンおすすめポイント

大正グルコサミン詳細・購入はこちら


暮らしの匠・N-アセチルグルコサミン
初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,772(税抜) \3,772(税抜) 無料

5つ星


N-アセチルグルコサミンおすすめポイント

N-アセチルグルコサミン(暮しの匠)の詳細・購入はこちら


皇潤(こうじゅん) プレミアム
初回割引価格 定期購入 送料 口コミ評価
\3,900(税込) \8,424(税込) 無料

5つ星


皇潤(こうじゅん) プレミアムおすすめポイント

皇潤(こうじゅん) プレミアムの詳細・購入はこちら